葬儀のかたちが変わる|故人を個人一人ひとりの気持ちでお見送りする

スタイルがある

スタイルがある

葬儀は様々なスタイルで行なわれています。最近多いのが、家族葬です。家族葬とは親族のみで行う葬儀のことを言います。故人との最後をゆっくり過ごしたいという人が行なっていますが、最近はこのようなスタイルが増えてきています。以前から行なわれている方法としてあるのが、一般葬です。故人と関係のある親友や同僚、上司などといった多くの人達と最後のときを過ごす葬儀のことをいいます。多くの人が故人の冥福を祈ることで、故人にも親族にも喜ばれるスタイルとなります。このような葬儀とは全く異なるスタイルで行なわれているのが、1日葬です。一般的に葬儀には、故人を搬送しお通夜が行なわれた後に葬儀が行なわれますが、1日葬の場合お通夜がありません。全く新しいスタイルとして行なわれているのです。横浜などの人口の集まる地域には、様々なスタイルで儀式が行なわれています。最近では家族葬も増えましたが、1日葬で儀式を行う人もいます。横浜には業者が数多く点在しているため、様々なスタイルを取り扱っている業者を見つけて、その家庭らしいスタイルで故人の冥福を祈りましょう。

生前に準備を行う

現在は高齢化社会と言われるほど高齢化が進み、葬儀会社も増えてきていると言われています。自分の最期をどのような形で締めくくりたいのか、を故人自ら生前に決めておくというほど、今葬儀に関する注目が集まっています。横浜などの人口が集まる場所には高齢者が多く生活しています。生前に遺影写真を撮ったり、身の回りを整理したりといった準備を行なっている高齢者は珍しくありません。このような準備は以前では考えられませんでしたが、綺麗な写真を残したい、親族に迷惑かけたくない、という高齢者の希望が多く自ら準備をしているのです。横浜のような高齢者が多い地域にも、このような高齢者は多いです。このような方法は、これから増えていく一方と言われています。