葬儀のかたちが変わる|故人を個人一人ひとりの気持ちでお見送りする

知っておく

流れがある

葬儀の流れは故人が最期にどの場所に居たのかによって異なります。横浜のような人口が集まる地域には高齢者が多く、病院も老人ホームも数多く点在しています。このような施設で故人が亡くなった場合、遺族から連絡があれば業者が施設までお迎えにいきます。連絡する際、故人が霊安室にいるのか病室にいるのかなども伝えておきましょう。お迎えが終わると、自宅や式場まで搬送していきます。搬送する場所は儀式のスタイルによって異なります。葬儀の打ち合わせはその後遺族と業者のスタッフで行ない、日程を決めていきます。その後、納棺しお通夜が行なわれます。自宅で亡くなられた場合は、担当している主治医に見てもらい死亡診断をしてもらいます。それから葬儀業者に連絡をし打ち合わせをしていきます。場合によっては今問題となっている孤独死の場合もあります。この場合は警察へすぐに連絡しましょう。それから業者に連絡していきます。このように、一般的な流れがありますが、そのときに応じた対処をスムーズに行なってくれるのも葬儀会社です。横浜のような中心部には様々なご依頼があります。

お通夜の流れ

お通夜には共通した流れがあります。故人との最後の別れをする儀式のため、長い時間を取り行なっていきます。最長で一時間と言われており、その後は親族で食事をします。一般的に午後6時の夕方頃に行なわれ、式の場合は朝から行ない長くても一時間以内が一般的な時間と言われています。参列者は生花を持ちお別れをします。その後火葬をし収骨していくのです。このような儀式は誰もが一度は経験しています。予め調べておくことでスムーズに行えるので、知識として知っておきましょう。横浜だけでなく、今住んでいる地域の近くにある業者も調べておくとすぐに対応できます。