葬儀のかたちが変わる|故人を個人一人ひとりの気持ちでお見送りする

認められたスタイル

散骨が注目されている

横浜はもちろん、全国的に行なわれている葬儀のスタイルが散骨です。生活が豊かになる前の遥か昔、亡くなった人を灰の状態にし自然に還したと言われています。灰をまく場所は川や山といった場所で、自然にかえすという目的で行なわれていました。それが時代とともに法律で規制されるようになり、霊園にお墓を作ったり埋葬したりといった儀式が主流になっていったのです。しかし現在、昔行なわれていた散骨が再度注目されるようになってきています。メディアで最近から取り上げられているのは、海や山に遺灰をまくというものです。故人が生前に希望しているということもありますが、家族で話し合った末に故人が好きだった場所に遺灰をまくという場面が多く見られます。葬儀には、一般葬、家族葬、一日葬とスタイルは様々ありますが、散骨も葬儀のスタイルとして認識されつつあるのです。横浜や東京などにも海があります。日本は海に囲まれた島と言われるほど生活する上で身近な存在となっています。海に散骨するのにも決められた規制があるため、事前に確かめた上で決めていきましょう。

希望者が多い

散骨するといっても宗教上の関係で行うことができない人もいますが、現在は多くの人に注目されています。というのも、葬儀をする上で多額の費用がかかります。葬儀自体もそうですが、儀式が終わった後の周回忌も費用がかかります。お墓の維持費や霊園の管理費なども出費が出るため、常に費用が発生するのです。散骨のスタイルはこのような費用が発生することはありません。そのため故人が生前にこのスタイルを希望することが多いです。散骨が規制されていた時期もありましたが、再度法律が改正されたことにより認められ、今ではさらに注目されている儀式となっているのです。横浜や東京などといった都心部では、このようなスタイルを希望する人が多いです。